猫目椿の日記。

★ご依頼・お問い合わせはこちらまで。→ nekometubaki@gmail.com

猫と村正とわたし。

お題「好きな作家」

 

こんばんは。猫目椿です。
今宵は三日月ですねー。

猫の眼はお星みたいにペカペカ光って綺麗ですが、

 

f:id:nekometubaki:20180120230433j:plain

 

人間の目も光る事があるよ。という不思議で怖いお話があります。

私の好きな作家さんの一人、小酒井不木さんの


『猫と村正』です。

 

小酒井不木さん、面白いですよね~。
医学博士だから(?)そのあたりの知識をからめた

変格探偵モノや不思議怖い話をたくさん書かれています。

青空文庫でも読めますけど、やはり縦書きで紙媒体でじわじわ読むと楽しいです。
前回も少し書きましたけど、

同年代の作家さんのキャラが濃いせいか

現代ではあまり本屋さんで見かけないのが残念です。

 

f:id:nekometubaki:20180120230552g:plain

--------------------------------------------------------------

info【お仕事】

別名義ですが、4~5年ほど前に発売した電子絵本がただいま
Kindle Unlimited で¥0だそうです。
宜しければご笑覧下さいませ~。


いっしょにあるこう。 著:猫目書房

巻末に書いてありますが、売り上げの寄付は継続中でございますです。

0円でもたくさん読んでもらえれば一応配当金はあるのかな(*´ω`*)?

f:id:nekometubaki:20180120231147j:plain

数年前の電子書籍初期の作品なので、大画面で見るとアレなところもありますが

携帯でみると綺麗です。(ひらきなおる)

--------------------------------------------------------------

 

更新が少し開いてしまいましたね~。すみません。

昨年末から
風邪気味一歩手前をずーっと引きずっている感じで、
悪寒がひどくて毎日カイロを三つ貼って過ごしております。
いっそガッツリ熱でも出てくれたらいいのに。

そんなこんなで皆さまもご自愛ください。

 

ではまた。

 

=ΦwΦ=★猫目椿

 

 

 

 

 

吾輩たちは猫であるが、今年は戌年である。

今週のお題「2018年の抱負」

 

明けましておめでとうございます。猫目椿でございます。

2018年(平成30年!!)

一陽来復斧琴菊/笑門来福/商売繁盛/健康第一

 

f:id:nekometubaki:20180101151807j:plain

 

……という感じで。
皆様にとって楽しい一年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。


今週のお題が「2018年の抱負」ということで、猫目椿も考えました。

今年の……と言うよりは数年計画の個人的な目標(希望)になってしまいますが

紙媒体のお仕事は今の数をキープあるいは少し増やしつつ、
『ネット関係の定期的なお仕事もがっつり出来るよう、
 ほふく前進でジワジワ着実ににじり寄る。』ですね~。


とか書いている間にGIFマガジンさんにご紹介戴きました。
仕事とはちと違いますが、ありがたや~。ありがたや~。で、ございます。 

 

 

ネット大好き。
でも大人数の飲み会は苦手……な私の理想のお仕事スタイル(環境?状況?)は
キューライスさんです。こんな感じで黙々と描き書きできるよう、頑張ります。

www.q-rais.com

- キューライス記

そんなこんなで
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


猫目拝

.。.:=ΦwΦ=.。.:*★


一陽来復/いちようらいふく
(悪いことが続いたあと、ようやく物事がよい方に向かうこと。)

斧琴菊/よきこときく(良き事を聞く)

…………………………………………………………………………………………………………………………………………
◆【おまけ】
小ネタですけど、干支動物の後ろの本には
毎年その干支に因んだ本がいくつか隠れております。

 

f:id:nekometubaki:20180101151830j:plain

 

今年のラインナップは

夢野久作神博士

小酒井不木神 

横溝正史神家の一族

芥川竜之介と笛

てな感じです。(敬称略)

小酒井不木……好きなんですけど(詳しくはない)、
       現代ですと若干知名度が低いのが残念です。
       乱歩先生あたりのキャラが濃いせいかしらん?

=ΦwΦ=<ではまた♬

 

遠くの野には花がある。

お題「好きな作家」

 

 

閉塞成冬(そらさむくふゆとなり)、熊蟄穴(くまあなにこもる)……。

ってな感じで冬本番です。

 

昨日は風が凄かったですね~。

 

新川和江さんが好きで、

その中でも風が強い日に思い出す、大好きな詩がありますので

ご紹介します。↓

---------------------------------------------------------------------------
わたしは 何処へ 《新川 和江》ハルキ文庫より
---------------------------------------------------------------------------
わたしは 何処へ
行くのでしょう
人生は荒野だ
とはいっても
歩いて行かない
わけにはいかないのです
風のつよい日
灌木のしげみがさわいで
わたしの髪も みだれました

日も 月も
流れていきます

愛もまた流れ去る
とはいっても
愛なしで生きていけるでしょうか
風のつよい日
思い出がめくれて
癒えたはずの傷がまた いたみました

白い道は どこまでも
つづいています
人生はひとつの旅だ
とはいっても
小鳥のようにとまる枝が
あってのことでしょう
風のつよい日
遠くの野には花があると
じぶんにいい聞かせて 歩きました
--------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------

f:id:nekometubaki:20171212223055j:plain

 

今年も色々な事がありましたが、遠くの野(数年内)には花があると
じぶんにいい聞かせて 歩いて行こうと思いました。

 

 猫目椿

--------------------------------------------------------------------------------------------------

◆【追伸】

投稿サイトのアルファポリスさんに過去作(絵本)

★【Mermaid Hunter/マーメイド・ハンター】を投稿しました。

宜しければご高覧下さい(*^^*)

 --------------------------------------------------------------------------------------------------

© 2011 bookscatseye.com(nekome tubaki) .