猫目椿の日記。

★ご依頼・お問い合わせはこちらまで。→ nekometubaki@gmail.com

遠くの野には花がある。

お題「好きな作家」

 

 

閉塞成冬(そらさむくふゆとなり)、熊蟄穴(くまあなにこもる)……。

ってな感じで冬本番です。

 

昨日は風が凄かったですね~。

 

新川和江さんが好きで、

その中でも風が強い日に思い出す、大好きな詩がありますので

ご紹介します。↓

---------------------------------------------------------------------------
わたしは 何処へ 《新川 和江》ハルキ文庫より
---------------------------------------------------------------------------
わたしは 何処へ
行くのでしょう
人生は荒野だ
とはいっても
歩いて行かない
わけにはいかないのです
風のつよい日
灌木のしげみがさわいで
わたしの髪も みだれました

日も 月も
流れていきます

愛もまた流れ去る
とはいっても
愛なしで生きていけるでしょうか
風のつよい日
思い出がめくれて
癒えたはずの傷がまた いたみました

白い道は どこまでも
つづいています
人生はひとつの旅だ
とはいっても
小鳥のようにとまる枝が
あってのことでしょう
風のつよい日
遠くの野には花があると
じぶんにいい聞かせて 歩きました
--------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------

f:id:nekometubaki:20171212223055j:plain

 

今年も色々な事がありましたが、遠くの野(数年内)には花があると
じぶんにいい聞かせて 歩いて行こうと思いました。

 

 猫目椿

--------------------------------------------------------------------------------------------------

◆【追伸】

投稿サイトのアルファポリスさんに過去作(絵本)

★【Mermaid Hunter/マーメイド・ハンター】を投稿しました。

宜しければご高覧下さい(*^^*)

 --------------------------------------------------------------------------------------------------

© 2011 bookscatseye.com(nekome tubaki) .